Column

View more

My memories ・・・思い出の1枚・・・《立石慎士》

チームメンバーそれぞれにもっとも思い出に残る1枚の写真について語ってもらう企画です。
第5回目の今回は、チームの中堅どころを担う入社9年目を迎えた立石選手に語ってもらいました。


この企画の原稿作成にあたって、アルバムを開いて昔の写真を見直しましたが、どうもしっくりくるものが無くて悩みました(^_^;)この写真は折れた右鎖骨を、キルシュナー鋼線と言うステンレス製の金属を手術で固定した後のレントゲン写真です。

今回はあえてこの写真をチョイスしました。思い出と言うか、苦い経験と言うか・・・今年3月に開催された「びわ湖毎日マラソン」出場に向けて練習をしていた早朝練習の最中に、自分の不注意で転倒してしまい右鎖骨を骨折してしまいました(;_:)

転倒した瞬間に異常を感じ、すぐに病院で診察してもらったところ案の定骨折でした。そのまま手術を行って入院となりました。約2ヶ月の入院期間中には様々な思いが頭をよぎりましたが、復帰に向けてリハビリを必死に取り組みました。腕が動かせないことでいろいろな不自由に苦しみましたが、復帰までは家族の支えで乗り越えれました。

特に妻は私の手術の5日後に次女を出産し、自身も産後の身でありながら私のリハビリや通院などの世話と同時に子供達の育児など、大変な苦労をかけてしまいました。今、私が復帰する事ができここまで走れるようになったのも、献身的な妻の支えがあったからこそだと「感謝」しています。

また、転倒して駆け込んだ際は早朝時でありながら病院を開けて、すぐに診察してくださった先生はじめトレーナー方々、職場の同僚、陸上部メンバー、皆さんの支えとご理解、また応援してくださったことに「感謝」しています。ありがとうございます。

感謝の思いをこめてこれからも走って行きますので、今後の私の走りに期待してください!最後に、朝方や夜、暗い道を走られる方は足元に十分注意して走ってください!!

立石 慎士