Column

View more

選手コメント「第56回九州実業団毎日駅伝競争大会」

11月4日(月・振休)に地元北九州で開催された「第56回九州実業団毎日駅伝競争大会」に出場した
【1区】高橋 尚弥 選手
【2区】アッバイナ デグ 選手
【3区】大畑 和真 選手
【4区】加藤 風磨 選手
【5区】古賀 淳紫 選手
【6区】野村 峻哉 選手
【7区】中本 健太郎 選手
より、レースについてのコメントが届きましたので、お知らせいたします。

※大会結果は下記リンクからご覧ください。
2019年11月4日(月・振休)第56回九州実業団毎日駅伝競争大会



 
 
【1区】高橋 尚弥
12.9km 37分53秒[区間5位]

▼コメント▼

毎日駅伝ではたくさんのご声援、本当にありがとうございました。

今シーズンは調子が上がらず自信を持ってスタートラインに立つことはできませんでした。しかし1区を任されたからには、最低でもチームの流れを作れるような走りをしようと強く思いレースに臨みました。結果として先頭と1分4秒、チームの目標としていた3位からは26秒離されての区間5位で、チームを勢いに乗せることはできませんでした。

ニューイヤー駅伝まで後1ヶ月半、ひとつひとつの練習を大切にして最高のコンディションで当日を迎えられるよう、努力していきたいと思います。今後も安川電機陸上部の応援よろしくお願い致します。
 

 
 



 
 
【2区】アッバイナ デグ
7.0km 20分04秒[区間9位]

▼コメント▼

応援ありがとうございました。
力を発揮できず悔しい走りになりました。
ニューイヤー駅伝では良い結果を出せるよう頑張ります。


 
 



 
 
【3区】大畑 和真
10.9km 32分09秒 [区間3位]

▼コメント▼

毎日駅伝の応援ありがとうございました。

入社1年目で3区を走らせてもらいました。
前半から積極的に走ることが出来ましたが、中盤以降にキツさが出てしまい、まだまだ力不足だなと感じるレースでした。
後半の粘り強さというところにも他チームの選手との力の差を痛感しましたが、積極的な走りが出来た部分と区間3位という点では収穫もあるレースだったと思います。

ニューイヤー駅伝では入賞という目標を掲げているので、残りの期間で自分の弱い部分を少しでも強化し、チームの目標達成に貢献したいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします。


 
 



 
 
【4区】加藤 風磨
9.5km 27分47秒 [区間4位]

▼コメント▼

応援ありがとうございました。

今年は4区を走らせてもらい、結果を残す走りを目指しましたが、区間4位で終わってしまい、とても悔しい結果になってしまいました。

ニューイヤー駅伝までの約2ヶ月で反省点を直していき、本戦でいい結果を出せるように頑張って行きますので、今後とも応援の程、よろしくお願いします。


 
 



 
 
【5区】古賀 淳紫
13.0km 38分18秒 [区間3位]

▼コメント▼

いつもたくさんの応援ありがとうございます。

コースが若松に変わって初めて1区以外の5区を任せていただきました。
5区区間賞の旭化成:市田孝さんに圧倒的な差で惨敗し、エースの走りを見せつけられました。実績、持ちタイムは及びませんが、「一緒に走ると脅威になる」、「ロードでは絶対勝つ」また、阪神の2019年のスローガンである「ぶち破れ!オレがヤル」この気持ちも常に持って、練習してレースに臨んでいきます。

今大会の悔しさ・経験を力にして、ニューイヤー駅伝でメンバーとして走り8位入賞の目標をチーム全員で達成します。

当日は、休日の朝早くからたくさんの応援・ボランティア等で大会を支えていただきありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。


 
 



 
 
【6区】野村 峻哉
10.9km 31分59秒 [区間2位]

▼コメント▼

今年は夏合宿後半に怪我をしてしまい、周りに遅れをとってしまいました。
怪我が治ってからの練習やレースでうまく結果を残す事ができず、今年の駅伝メンバー入りは厳しい位置にいたと思います。

そんな中6区に起用が決まり、最後の最後まで万全とまではいかない状態でしたが、気持ちの面ではどんな状態だろうが区間賞を取ることだけを考えて最後までしっかりと調整を行うことが出来ました。

レースを振り返ると、4位で襷をもらい、チームの目標順位である3位以上入賞がもう一つ前にあったので、スタートから突っ込んで入りました。前を抜く事と区間賞を取ることだけを考えて前を追っていき、中盤から後半はきつさと体の重さがあるなか、中継所手前でなんとか3位のチームを抜く事が出来ましたが、区間賞を取れなかった事はニューイヤー駅伝に向けての大きな課題となりました。

また、今回中盤から後半きつくなった時に頑張れたのは、沿道でのたくさんの応援があったからこそです。すごいパワーになったと思います。休日にも関わらずたくさんのご声援ありがとうございました。

今回の結果をしっかりと受け止めてニューイヤー駅伝までの僅かな時間を大切にし、チーム一丸となって目標である8位入賞に向けて練習に取り組んでいきます。
ニューイヤー駅伝でも熱いご声援よろしくお願いします。


 
 



 
 
【7区】中本 健太郎
16.0km 48分01秒 [区間8位]

▼コメント▼

今年は主将としてチームを牽引していく中で、逆に若手選手が繋いで来てくれた順位を落とす不甲斐ない走りをしてしまいました。
自分の走りをしっかりと反省し、元日で挽回したいと思います。

また昨年よりは着実にチーム力は上がっているので、ニューイヤー駅伝では8位入賞を目標に、これから更にチーム内の競争意識と団結力を高めて、チーム一丸となって戦いたいと思います。

最後に、当日は朝早くから沿道での応援ならびにボランティアとして大会を支えてくれた皆様には心より感謝しています。ありがとうございました。