Column

View more

【選手コラム】黒木 文太「あの頃」



選手たちに自由に語ってもらうコラムです。
今年度の第9回目は、入社13年目の黒木 文太選手に語ってもらいました。



カラオケに行ったら「あの頃」で検索をする黒木です。
今回は最近eスポーツで盛り上がっている“ゲーム”について書きたいと思います。

昔から本当に根強い人気の“ゲーム”。
その“ゲーム”も日々進化していて、楽しみ方も多様化しているように思います。
最近は協力プレーなどもあって、ホントについていけません。

私が特にハマっていたのは小中学生時代になります。SFC(スーパーファミコン)とPS(プレイステーション)の最盛期でした。

最初はやっぱりFC(ファミコン)
「スーパーマリオ3」「FF3」「ドラゴンボール3」「星のカービィ」「高橋名人の冒険島」「桃太郎伝説」「ヨッシーのクッキー」「エキサイトバイク」・・・
あげだしたらキリがないですね。

小学生のときはSFC(スーパーファミコン)・GB(ゲームボーイ)。
「ストⅡ」「スーパーマリオワールド」「ダビスタⅢ」「ロマサガ3」「ロックマンX」「パワプロ3」「ファイナルファイト2」「ポケモン(緑)」「魔界塔士SaGa」「カービィのブロックボール」・・・こっちもキリがない。

同年代の方は分かるはずだと信じています(笑

そのときの楽しかった思い出を蘇らせてくれる“おもちゃ”が昨年発売されたので、即購入してしまいました。

ファミコンジャンプミニ

本体もですが、コントローラー小さすぎです・・・

スーパーファミコンミニ

懐かしくて実家を探したら元祖もありました!

やってみた感想は、こんなに色薄かったっけ?画像荒かったっけ?
タイトルはアップデートとかで増やして欲しかったです・・・
そして思い出に浸れたのは数時間。今では見て楽しむフィギュアのようなものになってしまってます(笑

中学生になり、ハマったタイトルは「パワプロ」シリーズと「ダビスタ」シリーズと「FF7」。

基本的に当時の野球選手の知識は「パワプロ」。競馬の知識は「ダビスタ」でした。

この2タイトルには“育成”という共通点がありました。
初期でいい選手が出るまで、いい馬が産まれるまで何度もリセット。この根気が一番大事です!休養を含めた効率の良い練習・調教をすることで、強い選手・馬を作り上げる。
根気(粘り強さ)と効率的な練習はもしかしたら私の陸上の原点なのかもしれません。いい勉強??になってました(笑

もう1つの「FF7」ですが、少し前に朗報が入りました!
2020年3月にリメイク版がPS4(プレイステーション4)で発売されるそうです!

PS(プレイステーション)版では大ブームとなった本作品。
ストーリー途中のミニゲームやチョコボレースにハマリ、そこからどこに行っていいのか分からなくなって終了したあの頃。
今のようにネットもない時代。攻略本も買うお金もなかったので、それっきりとなっていました。

ですがリメイク版の発売により、あの頃の挫折をリセットするときがきました!
今回はまずクリアをするということを目標に頑張りたいと思います。
予約はしていますが、本当に待ち遠しいです。「FF」 シリーズは発表してからがいつも長い。
やっぱりワクワクする気持ちは子供の頃と変わりませんね。

皆さんは「あの頃」を思い出す“物”や“事”はありますか?

安川電機陸上部
黒木 文太


<黒木選手の過去のコラム>

●2018年11月22日「新しい家族」

●2012年1月24日「My memories ・・・思い出の1枚・・・《黒木文太》