History

Soukon

部長挨拶

Yuji NAKAYAMA
部長
YUJI NAKAYAMA
中山 裕二

日ごろより、安川電機陸上部への温かいご声援をありがとうございます。

当社陸上部は、チームとしては全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)優勝を最大の目標として日々練習に励んでいます。また、個人競技においては「原動力は北九州、動かすのは世界」という安川グループの事業イメージをスポーツで体現すべく、オリンピックや世界選手権などで活躍出来る選手の育成にも力を注いでいます。

光栄なことに、過去にはロンドンで中本健太郎、リオで北島寿典と、2大会連続でオリンピックマラソン日本代表を輩出しています。当社創業者の安川第五郎氏は、1964年の東京オリンピックで組織委員長を務めました。2020年には、そのゆかりある2回目の東京オリンピックでマラソンをはじめとする長距離走競技に加え、2017年に入部した大瀨戸一馬が短距離走種目での出場も目指しています。

我が安川電機陸上部は、創部以来「草魂 ―ただひたむきに―」をチームモットーとしています。「過去の実績や栄光におごることなく、また、失敗や挫折を恐れることなく、常にチャレンジ精神を忘れず真摯に競技に向き合おう」という誓いの気持ちをこの言葉に込めています。陸上競技を通じ、日本中、世界中の皆さんに感動を与えられるよう選手、スタッフ一同努力を続けてまいりますので、引き続き皆様のご声援をよろしくお願いいたします。