Record

【2019日本GP熊本大会】第28回金栗記念選抜陸上中長距離大会

【一般男子5000m総合結果】

<3組>
1.湊谷 春紀(横浜DeNA)
  14分00秒94 総合30位
2.國行 麗生(大塚製薬)
  14分01秒42 総合31位
3.野村 峻哉(安川電機)
  14分03秒84 総合35位
4.中村 高洋(京セラ鹿児島)
  14分04秒58 総合37位
5.清水 颯大(順天堂大)
  14分05秒85 総合38位
6.橋本 崚(GMOアスリーツ)
  14分08秒84 総合41位
7.橋爪 孝安(SGHグループ)
  14分08秒99 総合42位
8.大塚 倭(NTT西日本)
  14分09秒17 総合43位

14.加藤 風磨(安川電機)
  14分20秒35 総合72位
 
  
<5組>
1.ベナード コエチ(九電工)
  13分31秒69 総合2位
2.アレクサンダー ムティソ(NDソフト)
  13分34秒63 総合6位
3.デービッド グレ(横浜DeNA)
  13分38秒08 総合10位
4.イエゴ エバンス(サンベルクス)
  13分39秒40 総合12位
5.レダマ キサイサ(桜美林大)
  13分39秒97 総合13位
6.田中 秀幸(トヨタ自動車)
  13分40秒94 総合15位
7.レダマ ウェズレイ(SUBARU)
  13分52秒32 総合19位
8.中谷 雄飛(早稲田大)
  13分57秒54 総合27位
 
10.高橋 尚弥(安川電機)
  14分03秒09 総合33位
 
 
応援ありがとうございました!
 
 
<大会の様子>

予報よりもぐっと気温が下がり、冷たい雨が降りしきる中でのレースとなりました。
 
▼3組:野村峻哉選手。積極的に先頭に出てレースの主導権を握る場面も。自己ベストまで0.69秒に迫る組3位の好走をみせました。

▼3組:加藤風磨選手。寒さに苦しみながらも、粘りの走りでレースをまとめました。

▼5組:高橋尚弥選手。序盤順調にレースを進めていましたが、後半粘りきれずに失速。しかし大崩れはしない走りでレースをまとめました。