Record

第61回東日本実業団陸上競技選手権大会(1日目)

男子100m決勝(風:-2.1)
1.大瀨戸 一馬(安川電機)
  10秒62 ※優勝
2.草野 聖也(Accel)
  10秒63
3.長田 拓也(富士通)
  10秒64
4.川上 真弥(iMARe)
  10秒67
5.谷口 耕太郎(凸版)
  10秒74
6.小倉 亮介(東邦銀行)
  10秒76
7.鈴木 宏明(登利平)
  10秒87
8.増田 拓巳(アスレティクスジャパン)
  12秒03

 

男子100m準決勝<3組2着+2>
準決勝 3組 (風:-2.8)

1.大瀨戸 一馬(安川電機)
  10秒70 ※決勝進出
2.谷口 耕太郎(凸版)
  10秒76
3.小倉 亮介(東邦銀行)
  10秒79
4.吉田 知央(日本精工)
  10秒86
5.魚里 勇介(関彰商事)
  10秒88
6.金森 和貴(つくばTP)
  10秒92
7.山田 寛大(Accel)
  11秒02
8.小関 智(ワールウインドAC)
  11秒19

 

男子100m予選<11組2着+2>
予選9組(風:-1.2)
1.大瀨戸 一馬(安川電機)
  10秒75 ※準決勝進出
2.飯塚 高槻(熊谷市役所)
  11秒14
3.黒澤 光(忍者ナイン)
  11秒29
4.舘上 光輝(航空電子)
  11秒53
5.村松 裕也(三菱UFJ信託)
  11秒56
6.中村 悠希(UNITE)
  11秒71
7.高橋 利紀(ワールウインドAC)
  11秒87
8.我妻 明慶(ミナトアスリートクラブ)
  12秒55

 

応援ありがとうございました!
明日大会2日目には、本日に引き続き男子200mに出場します。明日も応援よろしくお願いいたします!

 

<決勝レースの模様>

▼予選、準決勝を順調に勝ち上がっての決勝レース。4レーン草野選手(Accel)、5レーン大瀨戸選手(安川電機)、6レーン長田選手(富士通)の3名による激しいトップ争いが展開されました。

▼大瀨戸選手トップでフィニッシュ。1位~3位までそれぞれ0.1秒差という接戦を征し、優勝を勝ち取りました。
※掲揚旗を見ると向かい風の強さがよくわかります。

▼結果

▼表彰式の様子