Record

第48回全日本実業団ハーフマラソン大会

ハーフマラソン(男子)

1.RUNGARU Jiemus(中央発條)
  1時間00分27秒

2.古賀 淳紫(安川電機)
  1時間00分49秒 <<PB>>
  ※安川電機陸上部最高記録

3.鈴木 大貴(YKK)
  1時間00分50秒

4.PATRIC Muendo(愛三工業)
  1時間00分53秒

5.木村 慎(Honda)
  1時間00分54秒

6.西山 雄介(トヨタ自動車)
  1時間00分55秒

7.延藤 潤(マツダ)
  1時間00分56秒

8.中村 高洋(京セラ鹿児島)
  1時間00分57秒

27.高橋 尚弥(安川電機)
  1時間01分44秒 <<PB>>
  ※安川電機陸上部最高記録

84.山口 晟弥(安川電機)
  1時間03分44秒 <<PB>>

97.加藤 風磨(安川電機)
  1時間05分05秒

124.野村 峻哉(安川電機)
  1時間09分03秒

 
<<PB>>・・・パーソナルベスト
 

これまで日本人で10人しか達成していなかった60分台を8名もの選手が達成する超高速レースとなった中、古賀選手が日本人トップとなる2位入賞を果たしました!古賀選手のタイム(1時間00分49秒)は日本歴代7位の記録となります。
また、古賀選手と高橋選手は、2012年に平野護選手が樹立した安川電機陸上部記録(1時間01分49秒)を約8年ぶりに塗り替えました。
沿道やテレビでの応援ありがとうございました!

<大会の様子>

▼10:00〜レーススタート

▼高橋選手がすぐ前に出ました。競技場を1周半まわり、山口市内へと駆け抜けていきます。


▼古賀選手が日本人トップで競技場に帰ってきました。

▼ラスト1kmでスパートし、集団から前に出た古賀選手。背後に選手が迫ります。

▼ラストの直線、後続の選手を突き放します。

▼勝利を確信してガッツポーズ。

▼2位(日本人トップ)でフィニッシュ。1時間00分49秒は日本人ハーフマラソン歴代7位のタイムです!

▼高橋選手も接戦の中ラストスパート。

▼27位でフィニッシュ。高橋選手も自己ベストと安川電機陸上部記録を更新しました!

▼山口選手が競技場に戻ってきました。

▼加藤選手が競技場に戻ってきました。

▼山口選手84位でフィニッシュ。自己ベストを更新しました!

▼加藤選手97位でフィニッシュ。

▼野村選手が競技場に戻ってきました。

▼野村選手124位でフィニッシュ。

▼表彰式の様子

▼出場した選手たちと。応援ありがとうございました!